【ASMR用語集】トリガー(trigger)とは? ASMRのトリガーを解説!

「ASMRでよく聞くトリガー(trigger)ってなに?」「どういうものがトリガーなの?」というアナタにオススメです!

この記事では、『トリガー (trigger)』という単語の意味や読み方について解説しています。

ASMR動画が好きな皆さんのトリガーに気づくきっかけになれば幸いです。

「トリガー(trigger)」とは?

「トリガー(trigger)」とは、ASMRを感じるきっかけとなる刺激のことです。

 

“trigger”とは、「(銃の)引き金、誘因」といった意味の英単語です。

日本語の「引き金」という言葉にも、「銃の弾を発射する金具」という意味のほかに、「物事が引き起こされる原因になるもの」という意味もありますよね。

 

言葉の意味どおり、気持ちいい感覚や眠気などの引き金となるのが、ASMRのトリガーです。

ちなみに、「刺激」は “stimuli” という英単語で、海外のASMR動画では「トリガー(trigger)」と似たような意味で用いられています。

ASMRのトリガーの種類とは?

では、ASMRを感じるトリガーにはどのような種類があるか解説します。

 

ASMR動画では、視覚刺激(映像)と聴覚刺激(音)がトリガーとなります。

(たまに映像なし(静止画)で音だけのASMR動画もあります)

視覚刺激のトリガー

視覚刺激(映像)のトリガーの代表は、マッサージや耳掃除などの動画です。

 

実際にされなくても、プロが整体やマッサージをしているのを見るだけで、何となく気持ちよくなりますよね。

また、美容師が髪の毛を切っている様子を見て癒されたり、耳掃除で大きな耳あかが取れるのを見てぞわぞわしたりする人もいるでしょう。

 

一般的にASMR動画では音がメインですが、視覚刺激もASMRを感じるトリガーになります。

たとえば、YouTubeでは「ハンドムーブメント」(hand movement)というジャンルの動画があります。

カメラに向かって手を動かしているだけなのですが、とてもASMRを感じやすい人気コンテンツの一つです。

聴覚刺激のトリガー

ASMRが流行する前から「音フェチ」として似たような動画があったように、ASMRでメインとなるトリガーは音、つまり聴覚刺激です。

 

聴覚刺激のトリガーとしては、主に「人の声」と「物の音」があります。

これらを同時に組み合わせたASMR動画もとても人気です。

 

声のトリガーといっても、男性の渋い声に癒される人もいれば、女性の可愛らしい声にゾクゾクする人もいます。

同じ人がしゃべる場合でも、地声とささやき声ではASMRの感じ方は変わります。

 

物の出す音でも、さまざまなバリエーションがあります。

たとえばコップでも、側面をたたく、底をたたく、ひっかく、水を注ぐ、炭酸を注ぐ、液体をかきまぜるなど、音の出し方はいろいろありますよね。

 

また、ネコのゴロゴロ音や鳥のさえずりなど、動物の出す音声によってASMRを感じられる場合もあります。

ASMR用語集はこちら

今回は、「トリガー(trigger)」の意味と読み方について解説しました。

あなたの好きなトリガーがわかったら、さっそく動画を探しにいきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました