【太鼓の達人】PS4版の評価!練習・上達にオススメな5つの理由!【セッションでドドンがドン!】

スポンサーリンク

「太鼓の達人が上手くなりたい」「クリアできない曲を練習したい」「最難関の曲をプレイしたい」というアナタ、必見です!

『太鼓の達人』PlayStation4用ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』の評価を練習・上達にオススメできる5つの理由についてまとめました!

おに☆10クリアできるドンだーである私が解説します。

太鼓の達人 PS4 まとめ

『太鼓の達人 セッションでドドンがドン』とは?

『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』は、PlayStation4の家庭用ゲームソフトです。

ゲームセンターでもおなじみの「太鼓の達人」を、家で好きなだけ遊ぶことができます。

PS4用コントローラー(DUAL SHOCK)でも、専用の太鼓型コントローラー『太鼓とバチ』でも遊べます。

太鼓の達人の練習・上達にオススメな5つの理由

ゲームセンターなどの筐体とバチでのプレイを『ACアーケード』、家庭用ゲーム機のコントローラーでのプレイを『CSコンシューマー』とします。

 

まず、家庭用ゲーム機で遊べるメリットについて。

ACで練習するには、1プレイごとにクレジット(100円か200円)が必要です。

一方、CSではゲームソフトを購入すれば、何度でも遊び放題です。

同じ曲を何十回・何百回と遊んでも、誰にも文句を言われません。

 

コントローラーで太鼓の達人が上手くなっても、ゲームセンターではバチを使うから意味ないんじゃないの?

と思われるかもしれません。

 

家庭用ゲームソフトでも、以下のことは十分に練習できます。

  • 曲の速さ・譜面の確認
  • 運手の確認 (右手と左手のどちらをどのように出すか)
  • 譜面の視認 (ドンとカッを目で追って反応する、いわゆる動体視力)

 

実際に、私はACではあまりプレイしません。

それでも、PS4版「セッションでドドンがドン!」はガッツリ遊んでいるので、たまにゲームセンターに行って☆9~10の曲をいきなりプレイしても、クリアできることが多いです。

 

『太鼓の達人』のCSゲームソフトは、「PlayStation4」だけでなく「ニンテンドースイッチ」や「3DS」などにもあります。

では、なぜこのPS4ソフト『セッションでドドンがドン』が練習・上達に最もオススメなのか、理由を説明していきます!

初心者でも楽しみやすい収録曲がたくさん

PS4ゲームソフト『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』には、家族で楽しく遊びたい方や、初心者でこれから練習して上手くなりたい人にもピッタリの曲が盛りだくさんです。

  • 『夏祭り』『紅』『天体観測』 などの『太鼓の達人』定番曲
  • 『前前前世』『海の声』『RPG』『にんじゃりばんばん』などの人気ポップス
  • 『シュガーソングとビターステップ』『残酷な天使のテーゼ』『ようこそジャパリパークへ』などの人気アニメ曲
  • ボーカロイド、東方Project、アイドルマスターなどの人気コンテンツ

これらの曲が、最初から収録されています!

 

練習にピッタリな難しさの曲が用意されているので、初めて「おに」レベルをプレイする人にとって安心でしょう。

好きな曲で遊べるということは、練習や上達のモチベーションにもつながりますね。

最難関レベルの曲も豊富

『太鼓の達人』経験者には、難易度「おに」の中でも特にレベルの高い曲を練習したいという人もいますよね。

 

PS4ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』では、おに☆10レベルの中でも、特にハイレベルな曲が豊富に収録されています。

具体的には、『ダンガンノーツ(裏)』『幽玄ノ乱』『双竜ノ乱』『!!!カオスタイム!!!』『Infinite Rebellion』『まださいたま2000』『≠MM』などなど……。

『太鼓の達人』の中で最難関クラスの曲のほとんどが、PS4でプレイできます。

 

さらに、そんな難しい曲でもバッチリ練習できる機能があるんです。

練習をサポートする機能が充実!

PS4ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』では、『太鼓の達人』の上達をサポートする機能が充実しています。

速度を変えて練習できる「トレーニング演奏」

通常の「演奏ゲーム」とは異なり、すきな曲をすきなだけ練習できるのが「トレーニング演奏」です。

  • 譜面を自由に「早送り」「巻き戻し」、苦手なところをくり返し練習できる!
  • すきな箇所だけオート演奏して、叩き方やリズムを覚えることができる!
  • テンポが速い曲をゆっくり(0.5~0.9倍速)にして、確実に練習できる!

 

「トレーニング演奏」は、ノルマクリアを目指す人にも、全良を狙っている人にも、とにかくオススメの最強機能です。

理論上は、このモードで何度も練習すれば、すべての曲をクリアできるようになる可能性がありますからね。

自分のプレイを確認できる「ベストリプレイ演奏」

ベストリプレイ」は、PS4ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』で新登場した機能です。

 

ACや従来のCSでも、最終スコアや最大コンボ数などはリザルト画面で確認できました。

ですが、どこの音符でどのように不可を出したのかは、ゲーム画面を録画でもしない限り分かりませんでした。

 

新機能の「ベストリプレイ演奏」をオンにすると、演奏ゲーム中の2P側(画面の下半分)に、自分がベストスコアを出した時の叩き方がそのまま再生されるのです!

  • ベストスコアを出した演奏で、どこでミスったか確認できる
  • 演奏中、自分自身と戦うことで、新記録を出すモチベーションになる

 

家で一人でプレイして上達を目指す人にとって、とても嬉しい機能ですよね。

どうしてもクリアできない場合「演奏サポート」

演習サポート」も、PS4ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』の新機能です。

 

どうしてもクリアできない曲がある場合、こちらの機能を使ってみましょう。

サポートには、三段階のレベルがあります。

  • サポート1:判定が甘くなる (「おに」でも良や可が出やすくなる)
  • サポート2:面と縁の区別がなくなる
  • サポート3:不可を出してもゲージが減らなくなる (トレーニング演奏と同じ)

 

サポート機能を利用してクリアしても王冠はつきませんが、クリアまでどれぐらい惜しいか試すことができます!

曲選択画面もかなり便利に!

PS4ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』では、通常演奏モードのジャンル・曲を選択する画面もかなり便利になりました!

充実したソート機能で選曲しやすい

PS4ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』で、新しいソート機能が追加されました。

  • 表示順変更
    ジャンル別だけではなく、難易度順やプレイ回数順に並べなおすことができます
  • お気に入り機能
    好きな曲にハートをつけて、お気に入りの曲だけ表示できます
  • 未〇〇ソート
    未プレイ、未クリア、未フルコンボの曲だけ表示できます (他の曲は非表示に)

表譜面と裏譜面の同時演奏が可能に!

PS4ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』では、プレイヤーごとに表譜面と裏譜面を別々に選べるようになりました。

 

たとえば、表が☆8で裏が☆10の曲の場合、難易度は大きく異なるため、プレイヤーの腕前に差があると一緒に遊びづらかったのです。

家族や友達と一緒にプレイする人にとって朗報ですね。

(現在は、AC版でもアップデートされて可能になりました)

ランクマッチで全国のドンだーとバトル!

「ランクマッチ」も現在のところ『セッションでドドンがドン!』の唯一の新モードです。

 

全国のプレイヤーと、同じ曲・同じ難易度のスコアで勝負する対戦モードが追加されました!

対戦相手の「演奏データ」と勝負するため、レートバトル系のゲームで問題となりやすい「通信環境の差」や「プレイ中の切断」といった心配は一切不要です。

 

全国ランキングもあるので、上達するモチベーションができますよね。

ランクマッチ」は上級者にもこのゲームをオススメしたい理由の一つです!

『セッションでドドンがドン!』オススメ理由まとめ

今回は、『太鼓の達人』PlayStation4用ゲームソフト『セッションでドドンがドン!』が練習・上達にオススメできる5つの理由についてまとめました!

 

私もこのゲームをプレイしていますが、「トレーニング演奏」と「ベストリプレイ」のおかげで、大半の曲を難易度「おに」でクリアできるようになりました。

太鼓の達人をこれから練習したい人にも、ゲームセンターでがっつりプレイしている人にも、本当にオススメのゲームです。

 

AC(筐体とバチ)でも上手くなりたい人は、専用コントローラー『太鼓とバチ』で練習するのがオススメです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、「PS4ゲームソフト 収録曲と評価まとめ!初心者も上級者にもオススメな5つの理由!」でした。

 

『太鼓の達人』のおすすめ記事はこちら (練習法・上達テクニック・ゲーム攻略など)

タイトルとURLをコピーしました