【太鼓の達人】交互・ヴァーナス・分業 オススメの叩き方と練習法まとめ!

太鼓の達人 打法ゲーム攻略

「太鼓の達人の叩き方に種類があるの?」「オススメの打法を知りたい」というアナタ、必見です!

太鼓の達人』の叩き方、「交互打ち」「ヴァーナス」「分業」の特徴について解説します!

「おに☆10」をバチでもコントローラーでもクリアできる私が、それぞれの打法について練習方法や上達するコツも紹介します。

 

 

スポンサーリンク

太鼓の達人 オススメの叩き方 解説

『太鼓の達人』を始めたばかりの人が必ず悩むのは、どのように手を出して叩けば良いのかということ。

今日は一般的な叩き方、「交互打ち」「ヴァーナス」「分業」を紹介します。

それぞれの特徴をあげて比較しますので、自分に合った叩き方を見つけてください!

 

簡単にまとめると、交互打ち・ヴァーナス・分業のメリットは以下の通りです。

  • 交互打ち:練習は大変・疲れにくい・オススメ
  • ヴァーナス:練習は楽・疲れやすい・オススメ
  • 分業:練習は楽・オススメしない

交互打ちとは?

交互打ちは文字通り、どんな譜面でも左右交互に叩く打ち方です。

具体的に左右の手をどのように出すか、見てみましょう。

このように、常に右手と左手を交互に出して叩きます。

交互打ちのメリットとデメリット

交互打ちのメリットは、右手で叩く音符数と左手で叩く音符数はほぼ同じになること。

両手の負担が同じくらいになるので、疲れにくいのが特徴です。

そのため、対応力がとても高く、初見プレイでも叩きやすいこともメリットです。

 

一方、人間には誰にでもき手・非き手があります。

交互打ちのデメリットとして、利き手じゃない手から始める叩き方に慣れるのに時間がかかります

 

たとえば、ドドカッ(●●)という動きを、実際に腕や指を動かして、交互でくり返してみてください。

右利きの人であれば、「右左右」はやりやすいでしょうが、「左右左」は少しぎこちなくなるはずです。

また、レベルの高い譜面の場合、慣れるまでは左右どちらの手を先に出せばいいのかわからず、混乱して手が止まりやすいです。

 

交互打ちは、修得までにとても時間がかかりますが、どんな譜面でも対応できる能力を獲得できる、大器晩成型の打法といえます。

交互打ちの練習法・上達法

まずは基本となる3連打から練習しましょう。

ドンとカッがまざった全パターンを左右どちらから始めても叩けるように練習しましょう。

(●●●●●●●●●●●●●●)

これができると、おにの☆6~7くらいまではクリアできます。

 

次に、同様にして 4連打の全パターン、5連打の全パターンも習得しましょう。

必ず、「右手から始める場合」と「左手から始める場合」の両方を練習してくださいね。

3連打よりも難度はかなり上がるので、慣れるまで時間がかかると思います。

 

これらをマスターすれば、☆8以降もクリアできる曲が増えてきます!

もっと詳しい練習方法については、こちらの記事もご覧ください。

ヴァーナスとは?

ヴァーナスとは、単音も連打もすべてき手から叩き始める打法です。

具体的にはこんな感じです。

利き手が右の場合、このように 1 – 3 – 1 – 1 – 3 – 1 のそれぞれを右手から叩き始めています。

 

ちなみに「ヴァーナス」という名前の由来は、この叩き方を開発した人のハンドルネーム (ニックネーム) だそうです。

ヴァーナスのメリット・デメリット

ヴァーナスのメリットは、常に利き手から叩き始めるので混乱しにくく、精度がとりやすい(=「良」を出しやすい)ことです。

利き手が右の場合、 たとえば ドドカッ(●●)を見たら、常に「右左右」と叩けばいいのです。

そのため、練習量は交互打ちの半分ですみますし、リズムが崩れにくいですし、慣れやすいため上達が早いのも特徴です。

 

次に、ヴァーナスの意外なデメリットについて。

先ほどの例を見ていただくと、音符が全部で10個あるうち、なんと8個を右手で叩いています。

このように、単音や奇数連打が続くなど、曲の譜面によっては利き手の負担が大きくなって疲れやすいです。

そのため、曲のレベルが上がるにつれて、「ヴァーナスではクリアが難しい」という場合があります。

ヴァーナスの練習法・上達法

ヴァーナスの場合、3連打・4連打・5連打をそれぞれ利き手から始めるパターンで練習しましょう。

右手スタートの叩き方だけ練習すれば良いので、交互打ちより半分の練習量でマスターできます。

譜面が複雑になってきても、手の動かし方に慣れて体力をつければ、ほとんどの曲はクリアできるでしょう。

 

ただし、先ほどのデメリットとして挙げたとおり、ヴァーナスだとクリアするのが難しい曲もあります。

また、長複合 (音符がたくさん繋がっているパターン) は交互で叩くしかありません。

基本スタイルはヴァーナスでも、少しは交互の叩き方も練習もしておく方が良いですね。

 

もっと詳しい練習方法や、練習にオススメな曲の情報などは、こちらの記事をご覧ください。

分業

最後に紹介するのは、分業です。

結論から言うと、この叩き方はオススメしません

 

どのような打法かというと、ドンは右手、カッは左手、のように分けて叩きます。

「交互」や「ヴァーナス」といった叩き方を知らない初心者の方は、分業で叩く人が多いです。

 

たとえば、 ドン5連打●●●●●のように同じ音符が続いた場合、片手だけで叩き続けるのは困難です。

初心者で「今まで分業で叩いていた!」という方は、「交互」か「ヴァーナス」のどちらかに切りかえて練習することをオススメします!

太鼓の達人 オススメの叩き方 まとめ

今回は「交互打ち」「ヴァーナス」「分業」を紹介して、それぞれの練習法・上達法について解説しました。

最後にもう一度、それぞれの叩き方のメリットとデメリットです。

  • 交互打ち:練習は大変・疲れにくい・オススメ
  • ヴァーナス:練習は楽・疲れやすい・オススメ
  • 分業:練習は楽・オススメしない

この記事を読んで、自分に合った打法を決めるキッカケにしてくだされば幸いです。

 

ちなみに、私は交互打ちで「おに☆10」の大半をクリアできるレベルになりました!

最初はCSコンシューマー(家庭用ゲーム機とコントローラー)で交互打ちの練習をしましたが、ACアーケード(筐体とバチ)でも交互で叩けるようになりました。

練習すれば必ず上達しますので、実際に手を動かしてみて、自分の好きな打法で練習してみてくださいね!

 

スイッチ版・PS4版のゲームソフトを持っている人は、専用コントローラー『太鼓とバチ』で練習するのがオススメです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、【太鼓の達人】交互・ヴァーナス・分業 オススメの叩き方の解説・練習法まとめでした。

 

タイトルとURLをコピーしました