YouTubeでゲーム実況しています!

ポケモンを中心に実況プレイ・解説動画をアップ。
チャンネルよろしくお願いします!

動画を見てみる

【アズレン】3-4周回! 低燃費オート編成・赤城・加賀ドロップ率まとめ【アズールレーン】

アズールレーン 3-4ゲーム攻略

「アズレンの序盤で手に入る強いキャラがほしい!」「赤城・加賀がほしいので3-4を周回したい!」というアナタにオススメです!

この記事は、アズールレーンの通常海域『3-4 最後の反撃』について、分かりやすく情報をまとめました。

  • 3-4でドロップするオススメ艦船・設計図
  • 初心者が3-4を周回し始めるタイミング
  • 3-4を低燃費オートで周回できる編成
  • 赤城と加賀のドロップ率

アズレンで誰もが通る最初の関門ですので、初心者のかたは特に必見です!

スポンサーリンク

3-4を周回する目的・理由について

まず、そもそも3-4『最後の反撃』はなぜ周回が必要なのでしょうか。

 

3-4『最後の反撃』で獲得できる強い艦船(キャラ)と設計図(装備)は以下のとおりです。

SSレア赤城(空母),加賀(空母)
Sレア:綾波(駆逐),ラフィー(駆逐),ジャベリン(駆逐)
レア:ポートランド(重巡)
装備:応急修理装置(設備)、F4Uコルセア(艦載機)

SSレア「赤城」「加賀」

3-4『最後の反撃』では、アズレンでトップクラスの強さをほこる空母である赤城加賀がドロップします。

赤城と加賀は、ドロップするSSレアキャラのなかで、最初に手に入れることができるキャラです。

 

赤城と加賀は、史実から『一航戦』と呼ばれたり、省略して『赤賀』と呼ばれたりもします。

二人ともSSレアキャラなので、ステータスの高い空母となっています。

そして、赤城と加賀が同時に出撃することで、お互いのスキルが発動しさらに強力になります。

詳しい説明は省略しますが、演習でもかなり強力なコンビであり、絶対に手に入れたいキャラです。

 

そして、この赤城と加賀を手に入れる方法は、3-4でドロップする以外はありません。

これが、アズレンの指揮官(プレイヤー)全員が3-4を周回しなければならない理由です。

Sレア「綾波」「ラフィー」「ジャベリン」

綾波ラフィージャベリンは、アズレンをプレイして最初に三人の中から一人を選んだ、主人公ポジションのキャラたちですね。

 

この三人は、今後のほぼすべての通常海域でドロップするので、いずれ手に入ることになります。

3-4『最後の反撃』で無理に狙う必要はありませんが、最大の目的である赤城と加賀を狙って周回しているうちにドロップするでしょう。

 

綾波・ラフィー・ジャベリンの三人は改造に対応しており、駆逐艦のなかでも上位の強キャラになります。

とくに初心者の方は、手に入ったら編成に入れて育てましょう。

レア「ポートランド」

3-4『最後の反撃』でドロップするレアキャラのなかでは、ポートランドが強キャラです。

 

ポートランドも改造に対応しており、もともと重巡なので耐久力が高いのですが、改造後はスキルのおかげでさらに強固になります。

赤城と加賀を求めて周回しているうちに、限界突破を3回できるまでポートランドがドロップするとラッキーですね。

設計図「応急修理装置」

次に、装備をつくれる設計図について。

3-4『最後の反撃』でドロップする設計図の中で優秀なものは『応急修理装置』です。

 

応急修理装置は、誰にでも装備させられる『設備』です。

耐久の最大値を、Lv.1で200、Lv.10では500もアップさせることができます。

 

さらに、「15秒ごと耐久が最大値の1.0%回復」という自動回復能力を与えられるため、序盤から終盤まで使えるとても優秀な設備です。

設計図「F4Uコルセア」

「F4Uコルセア」も3-4『最後の反撃』でドロップします。

コルセアは、空母に装備させることができる『戦闘機』です。

 

機銃によって敵の航空機を撃墜するだけではなく、爆弾も積んでいるため航空攻撃(右下の飛行機マークを押して発動する攻撃)にも参加できる、優秀な戦闘機です。

F4Uコルセアはレア度☆4 (紫色)の戦闘機の中でもトップクラスに優秀なため、☆5(金色)の戦闘機を手に入れるまでのつなぎとして使いましょう。

3-4を周回し始めるタイミング

次に、アズレン初心者のかたへむけて、3-4『最後の反撃』を周回し始めるタイミングについて解説します。

3-4に到達したばかりの方へ

やっと3-4に到達したばかりの方へ、おめでとうございます!

 

3-3までと比べ、3-4は空母の敵が増えて攻撃は激しくなり、今までギリギリでクリアしてきたならば厳しくなるでしょう。

  • 燃料は考えず最良の編成で手動プレイして3-4をクリアする
  • もっと簡単な海域でレベル上げをする
  • すぐに活躍できるキャラを育てる

2-3でドロップする『ネルソン』、2-4でドロップする『ロドニー』と『祥鳳』、3-3でドロップする『インディアナポリス』などは、序盤で手に入るキャラのなかでも強力です。

レベル上げついでに、3-4より前の海域を周回するとよいですね。

3-4をオートで周回できる方へ

アズレンにはご存知の通りオート戦闘機能があります。

3-4『最後の反撃』をオートで周回できるようになれば、効率はグンと上がりますね。

 

よほど燃料がカツカツでなければ、6隻×2艦隊の全力編成でオート周回するのがオススメです。

指揮官レベル・キャラのレベル・好感度などがドンドン上がるので、周回のモチベーションにもなりますね。

3-4を低燃費編成で周回したい方へ

3-4を周回する目的が「レベリング」から「赤城と加賀のドロップ」に変わった時点で、いよいよ低燃費編成を考えてもよいでしょう。

最初から低燃費編成を組むことをすすめる人もいますが、個人的にはメインキャラをちゃんと育てておく方が、イベントなどのときに役にたつと考えています。

「3-4はオートでも余裕で周回できるし、燃料の消費を減らしたいな」と思ったら、低燃費を意識しはじめましょう。

 

3-4を低燃費編成でクリアするコツ

それでは、アズレン3-4『最後の反撃』を低燃費でオート周回するコツについて解説します。

 

燃費を下げられるパターンとしては、主に2種類あります。

  1. 編成する艦船の数を減らして艦隊をくむ
  2. 周回用に低レア低燃費編成 (通称『フレッチャーズ』)をつくる

 

ちなみに、前提知識として、限界突破をさせるとキャラの消費燃料は上がります

通常ならばキャラはどんどん限界突破させるべきですが、低燃費編成として採用する艦船は、限界突破をさせずにレベル70で運用するのがオススメです。

編成する艦船の数を減らす

前衛3隻・主力3隻の編成から、どちらか1隻だけ艦船(キャラ)を減らし、3-4『最後の反撃』にチャレンジしてクリアできるか試す方法です。

オートでもS評価でクリアできるならば、艦船を減らして消費燃料をおさえていきましょう。

 

練度(レベル)が100以上のキャラがいて、装備もしっかり強化していれば、たとえば下記のような艦隊でもオートでクリアできます。

  • 雑魚戦:前衛1隻・主力1隻
  • ボス戦:前衛1隻・主力1~2隻

雑魚戦ではS評価でクリアする必要はないため、前衛1隻・主力1隻でも問題ありません。

 

前衛には、耐久力のあるフェニックス(R,4-1・4-4などでドロップ)がオススメです。

主力には、前衛を回復できるユニコーン(SR,4-4などでドロップ)や祥鳳(R,2-2、2-3、2-4でドロップ)がオススメです。

周回用に低レア低燃費の編成をつくる

アズレン3-4『最後の反撃』を周回するために、限界突破していないレアリティがNの艦船のみで編成することもオススメです。

 

前衛にオススメな艦船は、フレッチャーズ級と呼ばれる低レア低燃費のキャラたちです。

まず、駆逐艦「フレッチャー」(レベル70で消費2)が低コスト周回をするうえで重要です。

フレッチャーを採用する理由は、彼女の以下のスキルが優秀だからです。

・『戦術指揮・駆逐艦
戦闘中、駆逐艦の火力、雷撃、装填値が1.0 % (最大で10.0 %) アップ。
・『お姉さん気質
戦闘中、フレッチャー級駆逐艦の火力、回避が10.0 % (最大で30.0 %) アップ。

序盤で手に入る艦船で、この両方のスキルの影響を受けるのは、オーリックスペンスフート(レベル70で消費1)の三人です。

三人ともレアリティはNでその分ステータスは低いですが、フレッチャーのスキルにより低燃費なのにそれ以上の戦力をだすことができます。

 

ちなみに、この4人とも3-4「最後の反撃」でドロップします。

3-4を普通の編成で周回しながら、寮舎などでフレッチャーズのレベルを上げておきましょう。

 

低燃費編成の主力でオススメなのは、先ほども紹介したユニコーンと祥鳳です。

ほかには、ボーグラングレーレンジャー(レベル70で消費3)がレアリティNの空母のなかでは強いのでオススメです。

低燃費編成で周回する注意点

3-4「最後の反撃」を低燃費編成で周回するうえで注意すべきポイントです。

 

さきほど紹介した「フレッチャーズ」は素の攻撃力が低く、練度(レベル)を70まで上げて強い装備をもたせても、制限時間(120秒)内にクリアできない可能性が高いです。

そんな時は、さきほどの2パターンを組み合わせるのが有効です。

 

まず、第1艦隊を強い前衛と主力の1隻ずつで組み、3-4ステージ開始直後に画面右端まで移動させます。

3-4では一番右端のH列の2マスにしかボスは登場しないため、最初にボス戦用の艦隊を右端まで移動させています。

 

第2艦隊はフレッチャーズで組み、雑魚戦を適当に3回おこないます。

オートでも問題なくクリアできる程度まで、燃料消費を減らした編成にしましょう。

 

最後に、登場したボスを第1艦隊で倒す、といった流れです。

こちらも、オートでS評価クリアが最低条件です。

 

ちなみに、私もこのハイブリッド編成で3-4を周回していました。

赤城・加賀・設計図のドロップ率

最後に、私が3-4「最後の反撃」を 145周してドロップした結果を掲載します。

SS 赤城:4 加賀:1
S ラフィー:1 ジャベリン:1 綾波:1 ヨーク:1 ヒューストン:2
R ポートランド:8 ジュノー:19 フレッチャー:5 陽炎:10
応急修理装置:26 F4Uコルセア:34

ちなみに、上記は途中から計測し始めた結果です。

最初の65周はSSレアのドロップだけ計測しており、赤城1・加賀1でした。

 

まとめると、210周で赤城は5、加賀は2という結果でした!

大雑把に計算すると、「30周すると1回はSSレアキャラがドロップするかな」という感じです。

アズレン 3-4「最後の反撃」周回 まとめ

今回は、アズールレーン通常海域3-4「最後の反撃」についてまとめました。

  • 3-4でドロップするオススメ艦船・設計図
  • 初心者が3-4を周回し始めるタイミング
  • 3-4を低燃費オートで周回できる編成
  • 赤城と加賀のドロップ率

 

3-4周回は、赤城と加賀のどちらかが限界突破しおえるまで、つまり片方を5隻集めるまでやる人が多いです。

一方が完全に限界突破できたなら、もう一方は金ブリ(試作型ブリMKII) を使って限界突破させましょう。

赤城と加賀はそろえば通常海域でも演習配置でも活躍します。

この記事をしっかり読んで、楽しいアズールレーンライフを送ってください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、【アズレン】3-4周回! 低燃費オート編成・赤城・加賀ドロップ率まとめ【アズールレーン】でした。

タイトルとURLをコピーしました