\YouTubeでゲーム実況しています/
『あおみなちゃんねる』

なぜYouTuberは動画を編集するの? 必須な作業とメリットを解説!【カット・テロップ等】

この記事は約5分で読めます。

「YouTubeで動画を投稿したいけど編集って必要?」「どんな作業をすれば良いか教えて!」というアナタは必見です!

この記事を読めば、YouTuberとしてデビューしたい方々も、動画投稿を始めたばかりの初心者でも、どんな動画編集をすれば良いかわかりますよ!

スポンサーリンク

そもそもどうして動画編集が必要なの?

YouTubeで動画投稿をメインに活動する場合、「動画を編集する」という技術が必要になります。

 

そもそも、どうして動画を編集する必要があるのでしょうか。

それは、動画がより魅力的になり見てもらいやすくなるからです。

 

視聴者の方々は、あなたの動画をすべて最後まで見てくれるわけではありません。

「この動画はわかりにくい」「面白くないシーンが長い」と思われてしまうと、最後まで見てもらえずに他の人の動画に移ってしまいます。

 

  • 不要なシーンをカット・トリミングする
  • テロップ(字幕)をつける
  • 動画の速度を変える
  • BGMや効果音をつける

上記の動画編集をすることで、退屈させてしまうような場面を減らして、面白いシーンをより分かりやすく表現しましょう。

編集作業をすることで、動画のテンポが良くなって魅力的になり、「最後まで見たい」「この人の他の動画も見てみたい」と思ってもらえる可能性が上がります。

 

ここからは、それぞれの編集作業をすることで、どのようなメリットが生まれるか解説します。

スポンサーリンク

動画をカット・トリミングするメリット

動画の不要なシーンを取り除くことを、カット・トリミングといいます。

動画の時間が短縮されテンポが上がる

たとえば、商品を紹介したり何かについて解説したりする動画を考えてみましょう。

 

トークがめちゃくちゃ上手であれば問題ないですが、大半の人はそうではありません。

「えっと」「あー」などと言ってしまったり、無言の時間があったりすると、見ている側は退屈に感じてしまいます。

そのような不要なシーンをカットしてあげることで、動画を長くみてもらえる可能性は上がりますし、アナタの話し方が上手いように聞こえるかもしれません。

 

ゲーム実況などの動画でも同様です。

見どころの少ない場面や暗転しているシーンなどはどんどんカットしてテンポを上げて、視聴者を離さないようにしましょう。

 

動画の速度を上げるメリットも、カット・トリミングとほぼ同様です。

カットはしたくない見せたいシーンだけど、どうしても長くなってしまう場合は、再生速度を上げてテンポよく編集しましょう。

ファイルサイズを小さくできる

動画は、画像や音楽とは異なり、情報量が多いためにファイルのサイズ(容量)がかなり大きくなります。

サイズの大きい動画ファイルは、容量をとるためパソコンやクラウドに保存しておくのには不便です。

 

また、動画共有サイトによっては、アップロードできる動画のサイズや画質が制限されていることもあります。

動画のサイズが大きすぎると、強制的に画質を落とされる、そもそも投稿できない、などの可能性もあります。

 

ですが、不要なシーンをカットして動画の時間を短くすることで、ファイルのサイズを抑えることができます。

動画はコンパクトなほうが、保存や管理がしやすくなりますし、高画質のまま投稿できるので、カット・トリミングはできるだけするべきでしょう。

動画にテロップをつける意味とは?

動画にテロップ(字幕)をつける作業は、かなり時間がかかるため非常に大変です。

ただし、テロップがあると動画の見やすさがグンと上がり、再生回数が上がる可能性も高まります。

 

動画にテロップをつける理由の一つは、情報が伝わりやすいこと。

面白い出来事が起きたときのツッコミや、ビックリした時の叫び声など、目立たせたい発言にテロップをつけることで、そのインパクトはさらに大きくなります。

テレビのバラエティ番組や人気YouTuberの動画をよく見て、面白いテロップのつけかたを真似してみましょう。

 

テロップ(字幕)の二つ目のメリットは、ミュートしていても動画を見てもらえることです。

最近では、外にいてもスマホでYouTubeを見る人がかなり増えてきました。

ですが、いつでも音を出したりイヤホンをして聴いたりできるわけではありません。

そのため、ミュート(無音状態)で動画を再生される機会も増えてきたのです。

少しでも字幕がついていれば、ミュートしていても動画の内容がある程度わかるため、視聴してもらえる可能性は上がります。

BGMや効果音をつける意味とは

BGMや効果音は、動画編集の中でもっとも大事なものの一つです。

 

BGMがない状態でただ喋り続けるだけで動画を成立させるには、かなり高度なトークスキルが必要です。

無音の瞬間があると、視聴者側としては気になったり緊張してしまったりするので、見てほしい映像や内容に注意してもらえなくなるかもしれません。

背景に音楽が流れているだけでも、視聴者は安心して動画を楽しむことができるのです。

 

ほかにも、表現の幅が広がるというメリットもあります。

楽しい場面では軽快なBGMを、残念な場面では暗い曲をバックで流すことで、その場の雰囲気をつくったり感情を強めることができます。

また、BGMを切り替えることで、場面が切り替わったことを視聴者に伝えて、集中して見てもらえるようなはたらきもありますね。

YouTuberは動画編集するべき理由まとめ

今回は、YouTuberが動画を編集する方がよい理由について解説しました。

動画の質を高めて、視聴者の人気を集めましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、なぜYouTuberは動画を編集するの? 必須な作業とメリットを解説!(カット・テロップ等)でした。

タイトルとURLをコピーしました